映像・動画の流行

映像とは、実写の事、動画とは、アニメーションの事となります。
少し前から映像・動画の流行が一部のジャンルであります。
インフォグラフィック動画、インフォグラフィック+実写の映像です。
海外で流行して日本に流れてきたって感じがします。
疑似3Dでテロップ斜め出しなども良く見られてきました。
TV番組、CMなどもバラエティーなどでよく使っていますね。
この手法は。
個人的な感性ですが、なぜ日本は、実写CMっぽい映像を好まれる方が多いのか・・・・
映像・動画を沢山見ていないからだと思います。
私も映像の仕事をしていなければ、沢山の映像をまず見なかったでしょう。
日本国内は、普通っぽい映像・動画があまりにも多いかと思います。
作るのであれば、インパクトが強い映像・動画の方がいいと昔から感じております。
シンプルでインパクトがあり、新鮮味がある映像・動画。
インフォグラフィック動画、インフォグラフィック+実写の映像も飽きが出て
そのジャンルにプラスαした映像・動画か違うジャンルが出てくるのは、時間の問題かと思います。
どういった映像ジャンル・動画ジャンル・演出が流行るかは、個々の好みもありますのでわからない所で御座いますが…
一つ言えますのは、シンプルでインパクトがある映像・動画でしょう。

クリエーター(creator)の見分け方

クリエーター(creator)のクオリティーですがどこで選定するか。
デザイン・アニメに携わってる映像・動画クリエーター(creator)が今の時代には、一番マッチしているかと思います。
何故かと申しますと色のコーディネイトに慣れているのと引き出しが多いからです。
最低でも数年は、5年以上は、経験を積まないと難しいでしょう。
昔のクリエーターは、AEのモーショングラフィックをチュートリアル(tutorial)なしで一から作っておりましたが、
今は、動画チュートリアル(tutorial)が配信されていますのでそこで学ぶことが出来ます。
私の時代は、動画チュートリアル(tutorial)などあまり配信いない時代でありました。
逆に自力で編集経験し、それが良い経験となっておりますが。
では、今日は
この辺で失礼致します。

KM7production代表/村田 圭輔