映像 動画 広告

規定処理速度以上を出す為のグラフィックボード設定必勝!

編集ソフトインストール、グラフィックドライバークリーンインストール後、レンダリングが遅いという方は、以下を試みてください。

nvidia コントロールパネル 3d設定の管理 プログラム設定は、しませんとグラフィックボードの性能が制限される可能性があります。

簡易解説
グローバル設定とプログラム設定があるのですが、特定のゲームのみnvidiaの設定を変更したい場合はプログラム設定で設定してください。

CUDA-GPU
物理演算機能

DSR-係数
細かい部分まで描写

DSR-滑らかさ
設定は0%から100%で数値が高いほど、滑らか

Low Latency Mode
マウスやキーボードを操作した時の遅延が関係

OpenGL レンダリング GPU
OpenGlを使用した時にレンダリングするGPUを選択できます

アンチエイリアシング – FXAA
これをオンにすると、細かい描写が細かく表示

アンチエイリアシング – ガンマ修正
オンにすると光源処理のアンチエイリアスが向上し、画質向上

アンチエイリアシング – トランスペアレンシー
アンチエイリアス動作時において、
どのようなアンチエイリアス方式を使うかの設定

マルチサンプリング アンチエイリアス〈MSAA〉
スーパーサンプリングのように表示解像度より高解像度で描画、それを
カラーなどのピクセル値生成処理は表示解像度分の演算で済ませ、
それを高解像度分複製して記録する方式

スーパーサンプリング アンチエイリアス〈SSAA〉
表示する画像解像度より高解像度に描画、描画終了時に高解像度画像を表示解像度に変換してから表示する方式

アンチエイリアシング – モード
アンチエイリアスの設定

アンビエント オクルージョン
よりリアルな陰影が出来る設定

スレッドした最適化
CPUの処理をマルチコアで分散化させる設定

テクスチャ フィルタリング – クオリティ
基本グラフィックを調整
負荷の増減は変わらず、フレームレートを重視するか画質を重視するかの設定

テクスチャフィルタリング -トリリニア最適化
オンにすることで不要なシーン、つまり画面外の描写をバイリニアに変更し負荷を下げ、パフォーマンスを向上

テクスチャフィルタリング – ネガティブLODバイアス
・クランプ→静止状態の画質が向上します

・許可→動きの激しいシーンでもちらつきを発生させません

テクスチャフィルタリング – 違法性サンプル最適化
ゲーム内のサンプル数を調整
オンに設定いたしますと必要なサンプル数のみに設定するため、パフォーマンスが向上

トリプルバッファリング
設定をオンの場合フレーム落ちがなくなり、まとまった画質を提供
vsync(垂直同期)がオンでないと使用不可

バーチャルリアリティレンダリング前フレーム数
GPUのフレーム処理をする前にCPUで準備できるフレーム数を制限

マルチフレームサンプリングAA(MFAA)
アンチエイリアシング – 描写が綺麗に表示される設定
FXAAとの違いは、MFAAの方が負荷が少ない点

優先的に使用するリフレッシュレート
フレームレート

垂直同期(vsync)
描画速度に関係
・オン→リフレッシュレートが60Hzであれば60Hz描画するようになります

・オフ→フレームレートをなくすため、60Hzのモニターでもグラボが出せる限界のフレームレートを送出
処理遅延がなく速度向上
ティアリング(1フレームを送信中に次の1フレームがもうすでに送信されフレームが重なり画面表示されたときに、線が入ったように見えること)が発生

・適応→フレームレートがちゃんと出せる場合、垂直同期をオンにしてフレームレートが出せなくなったら垂直同期をオフにします

・適応(ハーフフレッシュレート)→適応の設定を半分のフレームレートで行う

・高速→ティアリングが発生しまない

異方性フィルタリング
立体的な奥行きを実現、テクスチャが鮮明

電源管理モード
・パフォーマンス最大化を優先にした場合、アプリ起動時常に最大クロックでGPU処理をしているため応答速度が高くかくつき軽減

・適応→必要な時に消費電力が上がり不要な時は消費電力が少ないです

プラグイン
AfterCodecs 1.8.0
[プラグインの機能]
AfterCodecsは、H264、H265、およびProResエンコーディングの出力をサポートするAfter Effectsエンコーディング出力プラグインです。レンダリング出力速度はAEネイティブ出力よりも速く、圧縮ファイルは小さく、画質は優れています。

KM7production/村田圭輔