映像 動画 広告

営業ツール動画のメリット PR動画 PR映像 PRアニメーション 効果 とは?


さて営業ツール動画PRする為の動画紹介は、よくどれだけ効果あると効かれますが、使う用途と宣伝の仕方で大きく変わってきます。
いくらクオリティー高い動画を作っても宣伝をしませんと効果がでません。
動画の利点としましては、動画なのでイメージがつきやすく大量の情報を流せるという事。
話、文章、パンフレット、Web(ホームページ)だけでは、伝わりにくいですよね。
活用用途も沢山あります。
例えばサイトにアップして観た人にイメージが伝われば、距離が近くなり、印象に残ればまずは、OKと言えるでしょう。
動画を作る目安の基準としては、
イメージを固める。
目的や観るユーザーを考える。
構成を考える。
インターネットで検索などをして複数のPR映像を観て参考にする。
映像背景、登場素材を考える。
制作者と打ち合わせをする。
制作時間、予算、納期を算出する。
修正代がかからないように細部まで構成を練る事が必要です。
制作者とのイメージのすり合わせ。

映像は、最初がかなめとなります。
最初にインパクトがありませんと継続して観ないものです。
動画の重要箇所となりますのが
・動画の最初
・動画の真中
・動画の最後
となります。
観る人のカラー、年齢層、どういった人に向けるのかなど
それにより、制作のテイストが変わってきますので。
また、映像のメリットは、静止画以上のわかりやすさと情報の多さ。
視覚的に瞬時に物事を伝えられ、文章よりも映像のほうがわかりやすい。
動画の動きを観ながらリアルにイメージを明確にできます。
音声を入れることでより一層、伝達力の向上効果があります。

PR動画は、ビジネスツールで企業が良くつかわれていますよね。
映像・動画・アニメーション制作、デザイン制作は、ファッションと同じです。
着こなし方と組み合わせ方と同じです。
お洒落な方に洋服を選んでもらうのと、映像・動画・アニメーション制作に知識豊富な方に制作して頂くと
良いものができる可能性が上がります。
上記は、簡潔に話させて頂きましたがプラスアルファで申し上げますと
・企画
・構成
・演出
・経験
・実績
スキルも備わっているのが大前提です。
御社の強み・アピールポイントをわかりやすく伝え制作するのも大切です。

無形商材・イメージを固めて作る物ですから、ズレが生じないように必ずイメージのすり合わせをして頂くのがよろしいかと思います。

営業ツール動画のお話をさせていただきますと私の場合は、とある会社様の営業マンの営業ツールで私の制作した動画を使用し、展示会ブースで動画を流した結果、問い合わせが殺到し売り上げが50億円伸びたそうです。
そういったお話しを耳にしますとうれしいものですね。
コストパフォーマンスで考えますと営業で1人雇い1年間のコスト計算致しますと人件費例700万円かかりますのと宣伝費で年間100万円の宣伝費どちらがコストが安く済むかと言えばわかりますよね。
また遠方に営業に行かなくてもメールで動画営業が出来るわけです。
私は、そういった方法でメールを出させて頂いており、経営者、役員、部長、課長、個人の方と様々な人達からご相談を受けるようになりました。

営業ツール動画メリット
動画市場拡大
例:
2017年の国内の動画広告市場は、前年対比163%成長の1,374億円。
スマートフォン動画広告需要は190%成長を遂げ、市場全体の8割に。
2019年に2,000億円、2022年に3,000億円を突破し、2023年には2.5倍の3,485億円に。
(「サイバーエージェント、2017年国内動画広告の市場調査を実施」より引用)
79%の消費者は、動画を見て商品を購入したいと思っている
消費者の79%は、Webページ上のテキストを読むよりも、製品について知るために
動画を見る。(12ヶ月前の69%から増加しています。)
(引用元:Hubspot「The State of Video Marketing 2017 [New Data]」)
これだけの消費者が申し上げておりますので、営業ツール動画を導入する企業様が急激に増え加速しております。

KM7production/村田圭輔