動画 映像 Gopro

HERO5Blackについてお話ししようと思います。
Goprotは、皆さんご存知でしょうか。
海外で生まれたカメラGoPro。
少し前からカメラ撮影・ビデオ撮影をされるユーザーの方たちに流行っており、
フェイスブック(Facebook)、インスタグラム(Instagram)、ツイッター(Twitter)などのSNSなどで見かけますよね。
ウェアラブルカメラとも言われており、身体に装着しハンズフリー撮影を目的とした小型カメラの事です。

メリット
・小さく、軽量
・衝撃に強い
・防水(40m)
・高画質(4K)
どういった仕様と機能か簡潔に説明致しますと。
タイムラプス
撮影コマ数を少なくして、早送りのような見せ方をする方法です。
映画、ドラマ、CM、水中撮影に使われています。
・SuperView
SuperViewは広範囲撮影。
縦長4:3の画角サイズ、自動にフルスクリーン16:9に延ばされる。
・広角
魚眼レンズ的な範囲で撮影。
・中間
ショット中央にズーム効果。
・魚眼無効
魚眼効能が効かない状態。
歪みを除く効果。
・狭角
一番狭い視野。

ビデオ(Video)解像度
・4K
低光量性能。
・2.7K
16:9 のビデオ(Video)解像度を小さくしたもの。
・2.7K 4:3
身体にカメラを取り付けたり、スキー、サーフボードなどの
撮影に良いと思います。
・1440p
身体に身に付ける撮影に向いています。
・1080p
あらゆるショットに最適です。
FPS オプション(120fps) で利用可能です。
・960p
身体に身に付ける撮影に向いています。
動作撮影に優れます。
・720p
スローモーション240fps。
・480p
超スローモーション。
・音声
7言語音声コントロールが可能。
日本語対応。
・内部手ぶれ補正
スタビライザー(映像を安定させる機能)が入っています。
・GPS機能
行った所のログを取れます。
・コントロールボタン
HERO4では3つありましたボタンが1つになり、操作が簡単です。
・ドローン(Drone)との連帯
ドローン(Drone)に装備できる

GoProは充電しながらの撮影もできますが、発熱しやすくなるため注意が必要です。
ただしHERO Sessionは正式に充電しながらの撮影に対応しています。

KM7production/村田圭輔