映像 動画 アニメ制作 求人情報 マル秘

映像制作・動画制作の求人は、ハローワークなどでほとんど記載していない。
ネットで会社検索して会社にアプローチした方が速いです。
求人は、東京が圧倒的に多いでしょう。
昔に比べ、全国的に制作会社は、増えています。
ただ、この業界は浮き沈みが激しいのも事実です。
グーグル検索しますと、映像制作会社・動画制作会社が膨大な量で出てきます。
何処の制作会社・一般企業もそうなのですが、入ってみないと勤務状況がつかめない。
徹夜が多い、休みが少ない制作会社のジャンルは、テレビ局の制作をしている会社、大手広告代理店がメインの制作会社は、
入社しますと、プライベートな時間は、かなり少なくなるかと思います。
それなりに覚悟が必要となります。
また、会社PR映像を制作している会社は、徹夜は、比較的少ないでしょう。
creator(クリエーター)は、制作がメインですので、営業プロデューサー(producer)がとってくる制作内容により
勤務時間が変動します。
円滑に業務を進行するには、社内コミュニケーションが要となります。
creator(クリエーター)、営業プロデューサー(producer)どちらが勤務時間長いと思いますでしょうか。
creator(クリエーター)です。
映像制作・動画制作の求人は、比較的倍率が高い為、一回書類選考で落とされましても、また募集がれば再度アプローチがいいかと思います。
それだけ、PRすれば印象に強く残りますので、内定の確率が上がります。
Portfolio(ポートフォリオ)は、その会社のカラージャンルに合わせて作られて提出が宜しいかと思います。

企業関連の映像・動画ジャンルだけでもこれだけありますので
・商品PR映像
・会社案内映像
・クラウドファンディング映像
・展示会・イベント用映像
・セミナー映像
・Eラーニング映像
・プレゼン用映像
・広告用動画
・営業ツール用動画
・マニュアル動画
・教育研修用映像
・新卒・中途 採用映像
・学校案内映像
・施設(工場・病院・観光施設)紹介映像
・インフォグラフィック映像
・アニメーション

スキルは、会社に入ればおのずと身に付きます。
時間があれば、沢山の映像・動画を観て目を肥やし、この映像・動画であれば制作何時間かかる、コストは、幾ら以上は、かかるなど
考えて行けば、制作の知識が増えご自身がプラスに。

KM7production/村田圭輔